MENU

100周年記念事業計画

刈谷北高校100周年記念事業計画

1100周年記念庭園整備事業

 第1棟校舎と第2棟校舎の間の中庭に、新たに、ウッドデッキやベンチを新設し、ブロック舗装、水栓と電源コンセントの新設、植栽工事を行い、文化祭等の学校行事での活用など、多目的に利用できる広場、生徒の憩いの場となるよう整備します。
70周年記念庭園と80周年記念庭園については、老朽化したベンチの更新、一部ブロック舗装の撤去、樹木の剪定、伐採を行い、新たにブロック舗装を行うなどして、100周年記念庭園と一体となるよう、リニューアル工事を行います。

2部活動の援助

 90周年記念事業で寄付しました冷水器(ウォータークーラー)6台を更新します。

3刈谷北高等学校100周年記念誌の刊行

 本校の歩みを記録して歴史と伝統を継承し、未来へつなぐための「百年誌」を刊行します。

4記念行事(記念式典、記念講演)

  • 日時 令和3年11月6日(土)午後1時から記念式典
  • 場所 刈谷市総合文化センター(アイリス)大ホール

 本校では、ユネスコスクールに認定されたことに伴い、学校全体で「持続可能な発展のための教育(ESD)」に取り組んでおります。ESDとは、地球に存在する生物がその営みを続けていくために、「持続可能な開発目標(SDGs)」を自らの問題としてとらえ、一人ひとりが自分に出来ることを考えて実践し、持続可能な社会を創造していくことを目指す学習や活動です。
 そのため記念行事では、SDGsの17の目標について考える機会にしたいと考え、その趣旨に沿った講演(生徒対象)を検討・計画しております。

愛知県立刈谷北高等学校創立100周年記念事業 実行委員会規約

第1章 名称

第1条本会は愛知県立刈谷北高等学校創立100周年記念事業実行委員会(以下「委員会」という。)と称し、事務局を愛知県立刈谷北高等学校に置く。


第2章 目的及び事業

第2条本会は愛知県立刈谷北高等学校創立100周年記念事業を計画・実施することを目的とする。

第3条本会は前条の目的を達成するために、次の事業を行う。

 (1)記念事業に関すること。
 (2)記念誌の発行に関すること。
 (3)記念事業に必要な事業に関すること。

第3章 組織及び役員

第4条本会は同窓会役員、PTA役員、同校教職員をもって構成する。

第5条本会は次の役員を置く。

 (1)委員長   1名
 (2)副委員長  3名
 (3)統括幹事  1名
 (4)幹事   若干名
 (5)会計   若干名
 (6)監査   若干名

第6条役員の任務は次のとおりとする。

 (1)委員長は委員会を代表し、会務を総理する。
 (2)副委員長は委員長を補佐し、委員長に事故ある時はこれを代行する。
 (3)統括幹事は各専門部会をとりまとめ事業を推進する。
 (4)幹事は専門部会の事業を担当する。
 (5)会計は会計事務を掌る。
 (6)監査は会計を監査する。

第7条本会は第3条の事業を達成するために必要に応じて、各部会を置く。各部会の組織及び運営に関し必要な事項は、委員長が定める。

第8条本会の役員の選出は次のとおりとする。

 (1)委員長は愛知県立刈谷北高等学校創立100周年記念事業準備委員会の推薦により、委員会において選出する。
 (2)副委員長・統括幹事・幹事・会計・監査は委員会の議を経て、委員長が委嘱する。
 (3)専門委員会の部会長・副部会長は委員会の議を経て、委員長が委嘱する。

第9条役員の任期は、本会の事業が完了するまでとする。但し、特別の事由がある場合はこの限りではない。


第4章 会議

第10条実行委員会は本会の議決機関で、委員長が招集し必要事項を決定する。

第11条専門部会は必要に応じて専門部会部会長が招集する。


第5章 会計

第12条本会の経費は、同窓会、PTAからの寄附金をあてる。

第13条本会の規約の施行・改正に関する必要事項は委員長が定める。


附則 この規約は本会発足と同時に施行する。